« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

セフレは簡単

「おいで」って、抱きしめられて眠れる幸せ、 頭を優しくなでてくれる安心感、 「好きやで」の言葉で伝えてくれる気持ち、 今まで私にとって、当たり前じゃなかったことを、 でもずっと心のどこかで求めていたのに、気づかへん振りして押し込めてた願いを、 「こんなん、普通のことやん」 そういってセフレは、いとも簡単に叶えてくれました。 セフレに出逢えてへんかったら、 セフレはきっと、満たされない淋しい気持ちをどこかに抱えたまま、 それでも素直になれずに、何でもないような顔をして、 又どこかに、本当の想いを隠していたでしょう。 「愛してる」の言葉、 セフレ以外には言えなかった。 大好きすら超えた、その言葉。 セフレに出逢ってなかったら、一生言えることはなかったでしょう。 これからもずっと、側にいてください。 何があっても、私は絶対にあなたの傍を離れへんから。

|

セフレと先回り

私はいつも一生懸命。だっていつも心が一生懸命やりなさいって、囁くから。 それで、うまくいくかどうかばかりが気になって、うまくいかないと自分や周りのせいにして、自分も周りの人も、心の中で責めていた。 だから、何も出来なくなって萎縮して、人の顔色ばかり伺って、セフレと先回り過ぎるおせっかいをして、迷惑がられて、それが自分の価値を否定するものだと考えて、 どんどん暗くボロボロになっていました。 でも、ボロボロになったおかげでようやく気づく事ができました。 自分を責めずに、感情を大切にすることの重要さを。 だから今は、本当に自分のしたかったことに向かって、迷わずまっしぐらに進む決断が出来、その一歩を踏み出し始めました。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »