« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

恋人探しそしてセフレ

とりあえず俺は投稿してある女性のメールに送信しまくった。

え?なんで投稿はしないのかって!?

そんなのきくまでもないだろう!どうせ投稿したってなぁ!

メールなんかこねーんだよ!まぁきても業者だけだな。

と、いうわけで投稿にメールを送りまくっていた。

|

恋人探しそしてセフレ

これが風俗だったらまだパネルで選べるし可愛いこもいっぱいいるんだがな~とため息。

でもその分金はかかる。

でも俺が教えてもらったサイトはどんだけ使っても無料!タダだ!

でもタイプの子がいるかどうか。可愛いこがいるかどうかは。。。運だなこりゃ。

まぁ恋人探してるんだからそんな理想は高くもっちゃいかんということだな。

|

恋人探しそしてセフレ

教えてもらったとこも結構有名らしいんだが、なんでもいけるぞ!

と教えてもらった。

ぶっちゃけ半信半疑な気持ちもなくはなかったがもうすがりつくくらいの気持ちでためしてみた。

使って最初の感想・・

よかったとこがサクラっぽいのがいない。

悪かったとこがタイプがいない。

まぁまだサクラがいるとこよかマシかというのが第一印象。

そりゃ恋人探してるけど結局は顔じゃない!そうだ!人間は中身だと自分にいいきかせた。

|

恋人探しそしてセフレ

ただスタビとか有名なサイトはもうだめだな。

業者ばっかりだ。つかってみておもった。

あともう一つ名前はわすれたけどうざいメールがいっぱいはいってきやがる。

でも有料ならサクラはいないのかな~と思ったけどそれも間違い。

有料だからこそサクラがわんさかどっこいといるわけだ。

で、さすがに知人にもきけないのでネット上で本当に出会ってサクラがいない、もしくは少なかったというサイトを教えてもらった♪

経験者がいうんだから間違いないだろうとためしに試してみた。

レッツ恋人探し!!もちろんセフレも探すぞ♪

|

恋人探しそしてセフレ

でもそんなに簡単にみつかりっこはない。

ただ今までの苦労を考えたら一番よかったのはもしかしたら出会い系サイトかもしれないな。

簡単ではなかったけどお金をかけずにゲットできたんだから。

まぁ恋人探して恋人をゲットできたのもセフレをゲットできたのもその時から先の先の先だったけど・・・。

|

恋人探しそしてセフレ

俺は有料の出会い系サイトは一切使用しない。

なぜかって?有料のサイトを使うくらいなら風俗へいくさ!

なんで恋人探しに金をつかわないといけないんじゃ!

あ、デート代はまた話は別だ!と、いうわけで無料の出会い系でセフレもついでに探してみた。

|

恋人探しそしてセフレ

俺ももう結構いい歳だ。

いつまでも風俗ばっかいって風俗の子とセフレになるや出会いがないからと風俗で恋人探しててもだめだな。

でも出会いがない。ということで出会い系サイトで試してみた。

運がよかったらただでできるしなにより彼女もゲットできる。

ただ業者ばっかりで気がおちてくる。

|

恋人探しそしてセフレ

いろいろな嬢に撃沈した俺・・・。

恋人探しはや●年・・・セフレ探してはや●年。。。

いつになったら春は来るのか。

ところで昨日あいのりを久々にもていたんだが・・・恋したいのぉ~

|

恋人探しそしてセフレ

はるかちゃんが大きな声を上げて体を弓形に反らせた瞬間、俺は指先で膨らんだクリをぎゅぎゅっと押した。
「あぁぁ・・・・・」
はるかちゃんは限界の声だったようだ。
肉壁が生き物のように収縮し、びくんびくんと踊るようだった。あそこがぱくぱく開閉を繰り返している。それと同時に全身をガクガク震わせている。それは数秒続くとぱったり収まった。

そしてピピピピピ!じ、時間がきてしまった。

し、しまったぁぁああああ!!俺は興奮していかすのに必死になって自分のをしてもらうのを忘れていた。

でも結構満足だったが。。。延長しようにも金が・・・金がたりなかった。

なんてアホなまぬけな俺。

次またくるという約束をしてその日は帰った。

もちろん次の日に行ったことはいうまでもないが。あと恋人探ししているアピールもしてせまったがだめだったのでセフレの交渉もしたがもちろんあっけなくことわられてしまった。

|

恋人探しそしてセフレ

俺が完全に指を抜くと、はるかちゃんは観念したように口を開いた。
「クリ・・・トリスを触って下さい・・・」
AVもいいがやっぱり生でみるほうが勝っている。
「・・・よく言えたね。ご褒美をあげよう」
俺ははるかちゃんの膝を抱え、より一層広げて秘所に顔を近づけた。
「いやらしい匂いがする」
そう告げると頭を小刻みに動かした。
「ああぁっ・・・あぁんっ・・・・あはぁ・・・」
はるかちゃんは腰をぶるっと震わせ激しく喘ぎ始めた。 

はるかちゃんは初めあったときと人が変わったみたいに淫らな声を出している。またそのギャップがたまらない。
「あ・・・はぁ・・・もうだめぇ・・・」
すると内股がぷるぷる震えだした。
「もうイキそうなのか?クリトリスを舐められるのが好きなんだね」
はるかちゃんは体を捩じらせてますます激しく喘ぎ出した。
呼吸の感覚が短くなってくる。
「千はるかちゃんがイくところちゃんとみてるよ・・・」
 あたしも、その時を見届けたいと思った。
「あっあ・・・あぁ・・・いっ・・イクぅ・・!!!」

|

恋人探しそしてセフレ

水音を立てて指はるかちゃんの膣内に滑り込んで行った。

隙間から透明な液体が染み出てきた。
「はるかちゃんのここ、すごいどろどろ。興奮してるんだ?」
俺は指をゆっくり抜き差しして、見せつけた。
じゅぷっ・・・じゅぶ・・・ずぶずぶ・・・
湿った空気が抜けるような音が響き、俺の淫心を掻き立てた。
「ああっ・・・いやぁ・・・恥ずかしぃ・・・」
艶めいた声で鳴くはるかちゃんはとても魅力的だった。今思い出しただけで何度でもぬけそうな位に。セフレや恋人にはもったいない。
「これだけじゃ物足りないだろう。はるかちゃんはもっと触って欲しい所があるんじゃない?」
俺が尋ねると、はるかちゃんは肯定とも否定ともとれるような声を漏らした。
「言ってみな。」
「うー・・・く・・・り」
「く・・・り?はっきり言って」

|

恋人探しそしてセフレ

俺ははるかちゃんのおまんこに釘付けになった。
赤い恥肉の間に濡れた花びらがあり、上の方にはぷっくり膨れた蕾がいる。ぬらぬらした蜜が覆って、入り口を潤している。

なんといってもすごくきれいだ。本当にピンク色だった。

それを見た俺は「興奮した」で済ませられるような状態じゃなかった。
すでにびんびんなムスコがギンギンになった。だがここは辛抱して
「触って欲しくてヒクヒクしてるよ。いやらしいおまんこだなぁ」
右手の中指でそっとはるかちゃんのおまんこを上から下になぞった。
「あぁん」
甲高い声を出して喘ぐ。あそこがヒクっと震える。
「もうびしょびしょだよ?こんなに濡らして恥ずかしくないの?」
「い、いやぁ…」
はるかちゃんは恥ずかしそうに体をくねらせた。
俺ははるかちゃんの濡れた中指をはるかちゃん自身に見せた。

「仕方ないね。挿れてあげないと」
俺は中指をそっと潤みに差し込んだ。
ちゅぷん・・・
「はぁぁっ……」

|

恋人探しそしてセフレ

・・・ぁあ・・・あたしだめ・・・おかしくなるぅん」
「おかしくなっていいよ。あー、 はるかちゃんのこんな顔が見られるなら、もっといやらしいことしないとな・・・」
俺の手は、湿り気を帯びている場所に潜り込もうとしていた。 でも俺は一旦手をとめて、「次はどうしてほしい?」とわざときいてみた。

「・・・・あそこを・・・さわってください・・・」

「あそこじゃわからないよ~はるかちゃん♪」

「はるかの・・・おまんこ・・・」

「よくいえました♪」

 もうはるかちゃんは可愛すぎ♪地雷だったら店名なり暴露してしまうけどお気にだからゆわ~な~い★

いつか恋人探してるときにでもアタックしよう!変な虫がよりつかないようにセフレになっときたかったがな

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »