トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

恋人探しそしてセフレ

「はるかちゃんって可愛い顔して淫乱なんだね」
小さな胸で主張している突起をちょんと指で突っついた。
「ぁあっ・・・」と高い声が漏れてきた。
両方の突起を指で摘んでクリクリ弄んでみた。
「あっ・・・あんっ・・・だめだよ・・・」
「だめじゃないでしょ。 はるかちゃんは乳首を触られてこんなに喘いでるんだから」
「じゃあ次はもっと喜ばせちゃおうかな」
ペロッと舌を出すと、先端をひと舐めした。
「ひゃぁん」
飴玉のように口の中でころころ転がしてみた。
「もう我慢できなくなったの?尻がくねくね動いちゃって・・・いやらしいね・・・」
俺は焦らすようにお腹につーっと舌を這わせたり、腿の内側の際どい所を何度も撫でたりしていた。

俺ははるかちゃんが焦らさないでぇというような顔をしている姿にかなるり興奮していた。

こんな可愛くて反応も最高なこがなんで恋人探しをしていないんだー!!!でもこんなに可愛いこならセフレなんていっぱいいるだろ~な・・・

|

恋人探しそしてセフレ

俺ははるかちゃんのあそこを少し触ってみた。

「もうこんなに濡らしてる…はるかちゃん、感じちゃった?」
う・・・うん・・・だってとってもきもちいもん・・・
「もっといろんなとこ舐めてほしい・・・エッチなこといっぱい言って?」
・・・おいおいおい!ここは風俗だぞ!お前が俺のをなめるとこだぞ!

俺は彼氏か!?いや、彼氏なら全然うれしい!っておーい!

セフレでもなけりゃ恋人探ししてる身だぞ!

なんておもうわけがない。単純な俺はもっちろ~ん!喜んで舐めちゃいますといわんばかりになめまわしてやった!

|

恋人探しそしてセフレ

恋人探しててもできないんだから風俗いかなきゃやってらんねー!ましてやセフレでもいてくれたらなぁ。

耳朶の入り組んだ所に俺の舌を差し込んだ。
ぬちゃぬちゃ・・・
熱い吐息と共に舐め上げた時の不思議な音がはるかちゃんの聴覚を刺激したのだろうか・・・

「はるかちゃんは耳が感じるの?」
低い声できいてみた。
「やっ…分かんない…」
そう言いながらも態度で示しているようなものだった。
早くも腰をもじもじ動かしていた。耳朶をなぞるとピクンと体が震えている。
どうにかしてしまいたい体。こんなにも乱れて・・・。

|

恋人探しそしてセフレ

ホテルにつきおしゃべりも楽しもうと思ったが俺にはそんな余裕がない。

恋人探しをしてるのに・・・・なんてあまっちょろいことはいってられないぜ!

さっそくシャワーあびてLET GO!

しかしはるかちゃんはとても緊張しているみたいだったのでまずはこちらからせめてあげた。

はるかちゃんの上に覆いかぶさって激しいキスの雨をふらせてみた。

「んんっ・・・」
何度も顔を組み替えては互いの唇をあわせた。

「ふぅ・・・んっく・・・・・」
堪らなく気持ちいい!
きもちいいよと言いたい代わりに、くぐもった声が勝手に出てくる。

「反応いいね」

「だって・・・こんなに情熱的なキスをしたのは初めて」

もう俺はよっしゃー!!!!!!!!!という気分だった。

男からしたらかなり嬉しい発言だ。

俺の舌がはるかちゃんの中に潜り込み舌を捕らえる。滑らかに動く舌に自分のものを絡ませる。二人で零れ落ちる唾液を啜り合った。
ようやく唇が離れると首筋に移った。

(あ~あ。こんな子が恋人探しをしてたら俺立候補するのに。でもセフレでも全然いいのに)

|

恋人探しそしてセフレ

はるかちゃんについていきながらホテルにむかった。

もう俺の心臓はどっきどき。

恥ずかしくてどきどきじゃないぞ。これからの好意が楽しみでどっきどきなんだ。はるかちゃんに「彼氏はいりの?」と聞いてみた。

「いないですよぉ~はるかもてないから」

いやいやいやいや!ありえん!まぁ彼氏がいてもいないというもんだもんな。でもちょっと期待をなぜかもってしまう。むなしいな。

「じゃあはるかちゃんも恋人探しをしてるのか?」

「ううん。はるか学校で勉強大変だから今はいらないかな~」

っておーーーーい!!!やっぱり?こうゆうことをいわれたらなぜかちょっとがっくりくる。セフレにもなれないのにな。。。

まぁそんなことはほっといて楽しむために風俗にきたんだから!と自分にいいきかせた。

|

恋人探しそしてセフレ

仕事をはやくきりあげてむかった。

こんなんだから恋人探ししてもみつからない。セフレもみつからないのかもしれないな。

受付の兄ちゃんに今日のこはまじでいいですよ!と後押しされお金を払ってエレべェーターにむかった。

先にエレベーターで女の子が待っていてくれた。

はるかちゃんは白のニット帽に黒のコートをきてブーツをはいていた。

なんとも俺が好む服装だ。エロイ露出をした格好ももちろんすきだが女の子らしい服装がまたそそる。

「こんばんわ♪ありがとうございます^^初めてなんでよろしくお願いします!」といってきた彼女をみてみると・・・か、かわいいじゃないかぁ!おじさんがんばっちゃうよ!と思ってしまうくらいのほんわかして例えると井川遙みたいな感じの女の子だった。はるか同士!いい名前をつけたな!

|

恋人探しそしてセフレ

そしてまた違う店に新しいこがはいったとの情報が。。。

俺は結構いろんなとこへいってるし、メール会員にもなっている。

今の風俗は1万円代でぬいてくれるしやすいもんだな。

まぁ恋人探ししてるおれにいわれたかぁないよな。

セフレさえもつくれない俺にいわれたかぁないよな。

とか思いつつも新規開拓へ!!!

新人の可愛いこはすぐ予約がうまってしまいなかなか取れないので俺はアンテナをいつもはってる。

メールで新人さんはいりましたぁとのこと。

俺が狙ったのは新人で未経験の「はるかちゃん」顔はモザイクがかかっててよくわからんけどちょっとぽちゃっとしてて俺の好きな体型だ。

しかも業界未経験ときた!こりゃいくしかない!さっそく予約をした。

といっても仕事があったので、俺は早めに仕事をきりあげていける時間に予約し急いでむかった。

|

恋人探しそしてセフレ

オレもゆうなちゃんに結構通ってるけど、ゆうなちゃん1本ではない。

男ってみんなそうだよな。。。

「風俗すきだけどゆうなちゃん以外の風俗はいかないよ!」

とかいいながらいろんなとこへいっている。

・・・・だからゆうなちゃんが相手してくれないのか?・・・まぁ違うな。

まぁ毎日恋人探してるから。ゆうなちゃん!いつでもどうぞもらってください!セフレでもいいっすよ♪な~んて。

オレゆうなちゃんをはいったときの頃から知っている。まぁオレは新人大好きだからな。特に業界未経験のこは大好物さ。

あの慣れてないかんだったり、ちょっと不安がってるところがまたそそる。

たまにはベテランのえろえろ熟女もいいがやはり若いこの未経験はかなりの上物だ。

|

恋人探しそしてセフレ

そして体勢をいれかえ、後半戦は反撃にでた。おっぱいをもみしごき、アソコに手をのばせば「あん、あ~ん!!」

アナルを刺激すると「やんっ、あぁ~あっ!!」

その敏感な反応ぶりは完全にM女だな。そして最後は「舐めさせて」とトロンとした目でフェラチオ。

オレがいきそうになると「素股もできるよ」と言われたが、もはや我慢も限界だった。そのまま口内へどーん!と大爆発になりました。

オレはゆうなちゃんに恋人探ししてることをはなしたが流されてその話は終了。だがまけじと恋人はだめでもセフレはどう?といっても「ゆうな、そうゆうのはつくらないんだぁ~」と一言。

そうだよな~こんなことゆったらうっとおしいと思ってしまうよな。と思いつつもゆうなちゃんに通ってるおれって・・・。

|

恋人探しそしてセフレ

まず、お風呂にはいってド迫力F乳による密着洗い。

んー柔らかい!!!巨乳最高!!

シャワーを浴びたらベッドではDキスから乳首、タマ、アナルへと舌をはわせてくる。

この攻撃でボッキン状態になると、

「18のときに彼氏にいわれてパイズリを覚えたんだぁ♪」と、覆いかぶさってきた。オレのちんこをF乳で挟み込んでゴッシ~ゴッシ~。

(ひょえ~!!気持ちよすぎていきそうやわ~!!恋人探ししてるおれにはこのこしかおらん~!いやセフレでもいいぞ~!)

なんてばかなことを思っていた。

|

恋人探し、そしてセフレ

オレは風俗大好き男だ。

なぜか?恋人探ししてもなかなかみつからない。

セフレを探してもいない。たよるとこは風俗しかないじゃないか!!

今日も快楽を求め風俗へ。

最近お気に入りのゆうなちゃん。

キュートな笑顔となんとFカップと巨乳ちゃん♪元ラウンジ嬢だけど話すことがエロイエロイ。

「割り箸でオナニーするのぉ。今コレにやみつきなんだよぉ♪」

むはっ!!想像しちまったじゃないか!でも痛くないの?

「痛くないよぉ。あとアナルに指いれられるのも好きなんだぁ♪3Pとかもしてみたいんだぁ。きもちいことだいすきだから^^♪」

だはは!こりゃプレイが楽しみだ!!

|

トップページ | 2008年12月 »